BLOG

家づくりのお話、家づくりのお金の話、実績、
プロダクトデザインの発想から世に出るまでの話
起業家の行動支援ツール「マンダラマトリックスシステムの
開発、利用の助言などを掲載しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プロダクトデザイン
  4. 楽しみながら無いモノを生み出す力

楽しみながら無いモノを生み出す力

代表 工藤武範のヒストリー(history)
https://www.facebook.com/kudo.takenori
https://www.instagram.com/takenori.13/

住和設計市一級建築士事務所とは(VISION)

 

一級建築士でプロダクトクリエターの仕事を
しているとクライアントさんからよく聞かれる事があります。
それは、
無いモノを0(ゼロ)からアイデアを
生み出すのって大変ですねって、よく言われます。
どうやったら、そんなにバン♪バン♪っと
アイデアが出てくるんですか?って聞かれます。
建築の設計でも、人がちょっぴり幸せになる
プロダクトでも0(ゼロ)から生み出すのは、、、

答えは0(ゼロ)からモノが生まれてくる訳が
ありません。 みなさーん♪ 勘違いですよ~!

(↑ブックシェルフを考案:実用新案権取得済)

0(ゼロ)から生み出すために
毎日、沢山の書籍や雑誌、インターネットの
情報などから常にインプットをしているんです。

いつか0(ゼロ)から生み出されるその瞬間の為に!
どれだけ、生み出す為の引き出しを持っているか?
アイデアとなる種(たね)をどれだけ
持っているか? その引き出しの数と種(たね)
の数が100か?1,000か?10,000か?

(↑畳の柄を考案)

その引き出しが必要に応じてアウトプットする
時には注意する事が2つ!
ここが大事です!
①「そのアイデアによって問題を解決する事」
②「自分も他人も笑顔になるアイデアである事」
これを守れたらアウトプットして生み出される
その瞬間から素敵なモノがカタチになります。

人の案を盗作したり、まねる必要なんて
無いんですよ。
楽しみながら無いモノを生み出す事に
専念できますよ。
「楽しみながら無いモノを生み出す力」良かったらみなさんもチャレンジしてみてくださいね。

<お問い合わせ先>
お気軽にどうぞ。ご連絡をお待ちしています。

 

関連記事