BLOG

家づくりのお話、家づくりのお金の話、実績、
プロダクトデザインの発想から世に出るまでの話
起業家の行動支援ツール「マンダラマトリックスシステムの
開発、利用の助言などを掲載しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 家づくりのお金の話
  4. 「住宅ローンと火災保険の見直しは今年中がお勧めです。」

「住宅ローンと火災保険の見直しは今年中がお勧めです。」

代表 工藤武範のヒストリー(history)
https://www.facebook.com/kudo.takenori
https://www.instagram.com/takenori.13/

住和設計市一級建築士事務所とは(VISION)

VISION

このコロナ禍でマイホームローンが
払えずに売ってしまう?
とニュースがありました。

結論から言いますね。
「売らなくても良い手段があります。」

選択①
先ずは他銀行を含めて
マイホームローンの借り換え
をお勧めします。
まだ勤めている人で
現在のマイホームローンの金利が
1%以上の方は検討の余地があります。
変動金利やWeb銀行なら金利0.5%
前後の商品もあります。

金利が下がれば払い続ける自信の
ある方はお急ぎください。
なぜなら借り換えをするには昨年の売上を
維持する事が必須です。
年末調整がでる前までに
本審査を通してしまう必要があります。
ただ借り換えのリスクは、他銀行に乗り換える
為にはこれまでの抵当権の抹消や
新しい融資先での抵当権の設定、保証料などの
経費が必要になりますからローンの残高は
増えます。
それでも金利を下げる事で月々の支払い額を
下げる事ができる可能性があります。

選択②
選択①での条件を満たしてる方、借り換えは
負担が大きいし、時間もかかるよ!って
思いましたよね。そんな方には現在の
マイホームローンを組んでいる融資機関に
支払い条件や金利の見直しなどの
相談に行きましょう。
ここで、融資機関に行ってただ
「支払い条件や金利を下げてください」っと
言ってもはっきり言って難しいです。

そこで。選択①の他銀行での
マイホームローンの本審査が
決定している事が有利になります。

「他銀行での乗り換え融資が通っています。
ただ今までのお付き合いもありますし、
他銀行に乗り換えると、抵当権の抹消や
保証料などの料金がかかりますから
他銀行での金利に合わせてもらえませんか?
勿論、今まで同様に遅延することなく支払い
続けます」っと相談してみます。

因みに自信のある方にお勧めです。
なぜなら融資機関も自信の無い方や支払いを
遅延する方には難色を示すからです。

ここで僕の話ですが、2回にわけてこの方法で
20年固定金利2.9%から10年固定1.4%に
見直してもらい、その9年後に変動金利
0.94%に借り換えに成功しています。
もし2.9%の固定金利のまま20年間
支払いをし、その後
15年間を銀行の言われるがままの金利で
支払っていた場合とでは雲泥の差です。

融資の見直しをするなら年末の今ですよ。

「火災保険2021年値上げ?」
大手の損害保険会社が
2021年1月から全国平均で
6~8%火災保険料を値上げ
する方針です。
保険期間が10年契約以上でない方
保険期間が残り少ない方
は一度火災保険を見直される
事をお勧めします。
参考までに大分県の場合は木造築
25年以上の設定条件で
某大手保険会社では17%もUPします。
因みに地震保険もあがります。
お心当たりある方は加入している
保険会社に今年中にお問合せして
みてくださいね。

最後にまとめです。
(マイホームローンについて)
現在の金利が1%以上の方で金利が下がれば
毎月の支払金額も下がりますから
自信をもって払い続ける事ができる方。
金融機関へのご相談、お急ぎください。
(火災保険、地震保険について)
令和3年1.1以降から加入する方は値上がりの
可能性があります。心配な方は今年中に
保険会社にご相談くださいね。

*都道府県、建物構造、築年数、

補償内容によっては値下げになる

場合もあります。

マイホームなどに関するお問い合わせや

相談はどうぞお気軽にご連絡をくださいね。
https://jyuwa.com/contact/

関連記事